ゲームファン【ゲームサイエンス学科ブログ】

<   2014年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧




トライデントコンピュータ専門学校 ゲームサイエンス学科についてはコチラ!

アメリカ短期留学 ~ 14日目 ~

さて、アメリカ留学最終日がついに終了してしまいました・・・!

今回も先週と同じくシアトルへ

まずはスペースニードルへ向かいます。
【道中にてセブンイレブンを発見!】
f0201320_012527.jpg


【スペースニードル横の美術館(?)にて謎のオブジェを発見】
f0201320_0125135.jpg
f0201320_0131073.jpg

【どうやって落書きしたんだろう・・・笑】
f0201320_013387.jpg

f0201320_0134929.jpg


そしてスペースニードルへついたものの、天候もすぐれなかったので展望台へは上らずにお土産コーナーを物色しました!
スペースニードルでお土産を購入し、次は徒歩でパイクプレースマーケットへ
パイクプレースマーケットはその名の通り市場で、観光スポットとしてはスターバックスの一号店やとてつもなく汚いガムの壁があります。

【パイクプレースマーケット】
f0201320_01879.jpg


【市場です】
f0201320_019174.jpg


【ガムの壁】
f0201320_0184687.jpg


パイクプレースマーケットだけではお土産が全然買えなかったので、付近にあるお土産ショップへ行きました!
お土産の中身についてはお楽しみに笑

この時点で午後六時ごろで、晩御飯を食べて帰ることに。
晩御飯はウェストレイクセンターというところにあるフードコートで食べました。

f0201320_020181.jpg



そしてすっごい偶然が。
なんとこの席、僕が中学校一年生の時にシアトルに来た際に座った席でした!!!!(そのはず)

【この景色にとても見覚えがあります】
f0201320_0215751.jpg

【フードコートがあって、モノレールがすぐそばにあって、そこそこの高さのビルが見えるなんて条件はなかなかないはず・・・!】
f0201320_0224521.jpg


なんかちょっと懐かしい気分を味わいつつ、インドカレーを食べて帰りました。

そしてホテルに戻ってからはまったく触れていない荷造りを。。。
実はこの記事を書いている現在、朝7時半だったりします・・・泣
睡魔と闘いながら荷造りをしていたらいつの間にかこんな時間でした笑

さて、楽しくてあっという間だった二週間。
そろそろお別れの時間になります。
日本でバックアップや応援して下さった先生方や家族の方々。
そしてデジペンでのスタッフの方々。
とても楽しく、充実した二週間を過ごすことができました!
この場を借りて感謝の言葉を。
二週間、ありがとうございました!



トライデントコンピュータ専門学校 ゲームサイエンス学科についてはコチラ!

by trident-game | 2014-02-24 00:27 | デジペン工科大学へ短期留学 | Comments(0)

アメリカ短期留学 ~ 13日目 ~

今回は、丹澤が記事を書かせていただきます!

とうとう、デジペンでの授業が終わってしまいました!
2週間があっという間に感じました。

授業が終わったあとに証明書を貰いました!
f0201320_16313193.jpg


これを貰った瞬間、「ああ、終わってしまったな...」なんて思いました。

あっというまに過ぎてしまったけれど、とても勉強になりました!
2週間の間授業を教えてくれたジェレミー先生本当にありがとうございました!
f0201320_16315457.jpg



授業が終わった後は会社見学に行きました!
見学先はなんと、ニンテンドー・オブ・アメリカ!

f0201320_16471444.jpg


いろいろ、置いてあったりしてとてもすごかったです。

短期留学も残りあと1日!
いろいろな事が出来たらいいなと思いました。
以上、丹澤からでした!



トライデントコンピュータ専門学校 ゲームサイエンス学科についてはコチラ!

by trident-game | 2014-02-22 16:55 | デジペン工科大学へ短期留学 | Comments(0)

アメリカ短期留学 ~ 12日目 ~


今回の記事は里崎が担当します。

とうとうアメリカ留学も残すところあと2日になりました。
デジペンへ通えるのももう明日のみです!
せっかくのアメリカ留学、思い残すことのないようにしていきたいですね。


では、そろそろ今日のゲーム制作の話に入りたいと思います。

まぁこの日も昨日と同じようにゲーム制作をしていたのですが、
残すところ、今日を合わして2日で完成させないといけないということで
みんな全力で頑張っていました!!

自分は三人称視点のアクションゲームを制作しているのですが…
なかなか物理エンジンとは厄介なものですね。

最初の頃は衝突判定はコールバックが返ってくるし、
衝突応答も勝手に行ってくれるということで
「 これは楽だなぁー 」とか思っていたのですが、
いかんせんそのまま利用するとプレイヤーが
ジャンプして壁に衝突したときに転がり落ちてしまって
プレイヤーの向きが変わってしまいます。

仕方なくクォータニオンを利用し
プレイヤーの向きを自分の指定した方向にしか向かないように改良したら、
今度はColliderを利用するために設定しているRigidbodyのせいで
移動中に慣性が働いてしまい、
自分の向いている方向とは微妙にずれて移動してしまいました( イラッ
そうしたバグを直すため結局自分で速度や摩擦などを計算し、設定する方式に…

物理エンジンは便利ですが、自分の思った通りの挙動をさせるには
なかなか苦労するということが今回の件で解りました。


そんなこんなで、何とか完成しつつある自分のゲームのスクリーンショット ↓

f0201320_1981528.png

f0201320_1982878.png
f0201320_1984928.png

画面中央にいるキューブを操作して、左上に表示されているターゲットを
すべて倒したらゲームクリアーです。
ステージの途中に落ちているスフィアに触れることで、
自機に装備され武器としてプレイヤーの周りをまわってくれます。

注 : 残機がマイナスの値になっていますが、これはバグではないです。
   ( 何度倒されてもよい仕様になっています

f0201320_1984021.png

敵の攻撃によってやられてしまった状態 ↑


まだタイトルやリザルトが完成していないのでこれから徹夜で制作するつもりです。
なんとか明日、満足のいった状態でゲームを完成させたいですね。
では、今回はこの辺りで ( ^ - ^ )ノシ


 追記 :
以前、小川君がジェレミー先生に見せてもらった面白い動画を
のちに紹介するといったのに、いまだに動画が紹介されていないので
残念な小川君に代わって自分が紹介しておきます。

さて、紹介する動画は「 Cube 」という動画です。

リンク
http://www.youtube.com/watch?v=4aGDCE6Nrz0

自分はこの動画をジェレミー先生に見せてもらって
なかなかのシュールな光景につい笑ってしまいましたw
また、今回自分が制作しているアクションゲームはこれが元になっています。
みなさんも暇があったらこんな感じのゲームを作ってみるのもいいかもしれませんね。

それでは…



トライデントコンピュータ専門学校 ゲームサイエンス学科についてはコチラ!

by trident-game | 2014-02-21 19:37 | デジペン工科大学へ短期留学 | Comments(0)

アメリカ短期留学 ~ 11日目 ~



今回の記事は小川が書いていきます。

短期留学は留学期間の Two week が迫ってきています。
先生がとてもいい人なので別れが寂しいですが、仕方ないですね・・・

と、暗い雰囲気を醸し出しておきながら一気に切り替えていきます!

今現在開発しているゲームは一言で言うと DigiPenの学生作品である Igneous のオマージュです。
オマージュと言ってもパクりに近いかもしれませんが、昔見た作品でとても衝撃を受けたからなのが一番の理由です。

とりあえず画像を
f0201320_1727161.png

ねずみ色のキューブがプレイヤーで、白い半透明のブロックは押し出してきて お邪魔系になっています。
下の空間にあるキューブは音楽を鳴らすために作ってあります。

手前の透明な床は・・・実は通れます!
ユーザーを初っ端から騙すゲームとなっており、これだけでは分かり辛いのでキラキラと光ってるエフェクトをつけて、横の縞模様は現在 他の床と同じように画像をつけており 暗いエフェクトをつけてこれまた分かりやすくします。

ここで最新の画像です
f0201320_17345067.png

E と書かれているのは全てエネミーで、後ろからもエネミーが追ってきて、難易度によっては撃ちつつ近づいてきます。
インディージョーンズ?
と考えた人は 次に述べる Go to Heavenしてしまいましょう。
エネミーがこちらに触れたら Go to Heaven(吹っ飛び)し、最初の地点からリスタートです。
奥の二つは、一つは弾だけ撃つのと、マップのx軸のみを動いてプレイヤーの行く手を妨害(これまた吹っ飛び)する物を作りました。

これまた昔見た物が影響して、自機の移動スピードは速く、それに合わせたマップと、オブジェクト配置の予定をしておりますが、今現在カーブの案を脳内会議して floorと同じくらいの大きさのブロックを使ったカーブか、細かいブロックで作ったカーブかと、論争が始まっております。
大雑把なカーブを作る可能性が大だと思われますが、口が裂けても言えないですね

それでは今回はここらへんで bye bye~
皆さん良い日を過ごしてくださいね!



トライデントコンピュータ専門学校 ゲームサイエンス学科についてはコチラ!

by trident-game | 2014-02-20 17:47 | デジペン工科大学へ短期留学 | Comments(0)

アメリカ短期留学 ~ 10日目 ~

今回の記事は松村が担当させていただきます。

いよいよアメリカ短期留学が始まり10日目となりました!
個人ゲーム制作の段階に入り二日目
残すところは10日目が終わって水木金曜日の三日間のみです。。。
最低ノルマについてですが、最優先なのはやはり『ゲームとして遊べること』ですね!

今回僕が作っているのは3Dアクションのゲームです。
カメラやベクトル操作について苦手なので、今回のアメリカ留学で是非学びたいな、と思っていて学んだことを十分に発揮できる内容だと考えたので決定しました!
そして肝心な進捗についてですが、昨日の一日は復習に費やしていたので実質今日からのスタートになります。
当初の目標としては―――
  1.『キャラクタータスク』クラスの設計
  2.『ステージタスク』クラスの設計
  3.『ゲームロジック(フレームワークみたいなもの)』の設計
―――でした。
しかし実際には、1番と2番しか達成することができませんでした・・・!
このままだとノルマの達成が難しく思えるので、少し規模を縮小しようかなと考えています。
実際に完成した時にどんなゲームになっているのか。
自分が考えているものとかけ離れないよう、残りの三日間がんばっていきたいと思います!

さて、他にも今日はビッグニュースがあります。
なんと金曜日の授業終了後に、『Nintendo of America』社様へ会社見学をさせていただくことになりました!
会社見学の際のお話や感想は、金曜日担当になるであろう丹澤君の記事やまた次回の記事で書こうと思います。

それでは、今回はこのあたりで!

【制作中のデスク in デジペン】
f0201320_19554941.jpg


【制作中の画面】
f0201320_201349.jpg




トライデントコンピュータ専門学校 ゲームサイエンス学科についてはコチラ!

by trident-game | 2014-02-19 20:05 | デジペン工科大学へ短期留学 | Comments(0)

アメリカ短期留学 ~ 9日目 ~

今回は、丹澤が記事を書かせていただきます!

とうとう、月曜日になってしまいました!
時間が過ぎていくのがとても早く感じます。
DigiPenに通えるのも今日を入れてあと5日しかありません。
時間がないですね~。

さて、今日のスケジュールはというと...

8:30 ~ 個人製作ゲーム作成開始

12:00 ~ ランチ

~2:30までゲーム制作

と、個人ゲーム制作がメインになってまいりました。

色々と難しいことが多いけど、頑張っていきたいと思います!

さて、今日の授業以外であった出来事を書いていきたいと思います!

まず、ランチの時にて...

f0201320_15413338.jpg


デジペンの先生が宅配ピザをとってくれました!
1枚しか写っていませんが、実はもう1枚ありました!
なかなかに大きかったです!

次に バスの時間を待っているときに...
f0201320_15471479.jpg


里崎君と小川君が卓球をしていました。
すごく、楽しそうでした!

最後に...
f0201320_15504690.jpg


ベルビュー という所で変な名前の焼肉屋を見つけました!
「一緒に」ってなんでそんな名前にしたんだろと思いました。

以上、今日はここまで!
残り少ない時間を頑張っていきたいと思いました!
以上、丹澤からでした!



トライデントコンピュータ専門学校 ゲームサイエンス学科についてはコチラ!

by trident-game | 2014-02-18 15:56 | デジペン工科大学へ短期留学 | Comments(0)

アメリカ短期留学 ~ 8日目 ~

どうも、今回記事を書かせていただく里崎です。

さて、アメリカ留学も残すところ半分を切りましたね。
再度ブログの番が回ってきて今回は何を書こうか迷っていたのですが…
今日は(今日も?)ホテルにずっと引きこもって
プログラミングしていたため全くもってネタがありません! ←

そのためどうしようかと考えたところ…
今回は来年アメリカへ留学をするかもしれない人のために
「 アメリカに持って行っていくと良いものランキング! 」というネタで記事を書こうと思います。



ではまず、第5位 「 タッパー 」

アメリカでは基本的に多めに食事が出され、食べきれなかった分を持ち帰るのが
一般的なんだそうです。なので、持ち帰るときにタッパーを持ってきておく便利です。


続いて、第4位 「 茶葉 」

水はその辺で安く買うことができるので、茶葉があればお茶を飲むことができます。
ただジュース、紅茶、コーヒー等で問題なく過ごせる方には必要ないですかね。


第3位 「 パックご飯 」

アメリカでの食事はそれなりに味の濃いものが多いので、
それをおかずに食べると調度いいです。
上記に書いた茶葉と利用してお茶漬けなんかもできますよw
日本の味が恋しくなりそうな人は持っていきましょう。


第2位 「 スリッパ 」

アメリカだと基本的に家の中でも靴で、スリッパを履く習慣は無いようです。
なので、大抵どこへ行ってもスリッパが売っていません…orz
靴で問題ない人はいいですが、それは嫌だという人は持って行った方がいいですね。


最後に、第1位 「 折り畳み傘 」

アメリカ( シアトル周辺 )では雨がよく降ります。
だから、折り畳み傘を持っていない状態で外を歩くのは大変です。
アメリカ留学へ行くなら絶対持っていきましょう!
ただしシアトル周辺は風が強いので壊せれないよう注意が必要ですが…。( 苦笑
ウィンドブレーカーの方が良いかもしれません。



…まぁ、こんな感じですかね。
その他にも、調味料( 醤油・塩など )、本、時計、爪切り、洗濯用洗剤
、石鹸、シャンプー、クレジットカード、割りばし、水筒…etc
とりあえず、日ごろ自分がよく使うものは持っていくといいと思います。
ちなみに個人的には「 ウ○ダーinゼリー 」がとても重宝しましたw


さて、長くなってきたのでこの辺で。
文字だけになってしまって申し訳ないです…^^;
次回書くときはデジペンで制作するゲームが完成あたりまで来ていると思うので
その記事が書けるのではないかと思います。ではでは…



トライデントコンピュータ専門学校 ゲームサイエンス学科についてはコチラ!

by trident-game | 2014-02-17 16:23 | デジペン工科大学へ短期留学 | Comments(0)

アメリカ短期留学 ~ 7日目 ~



今回の記事は小川が書いていきます。
ローテーションが若干ズレている理由はとある所に、私と松村君と先生が行ってきたからです!

まずは英語で言うと、Shooting Range という所で、日本語で言うと射撃練習場ですね。

English teacherから英語で色々教えられた後、紙にサインしなければ行けないと説明を受けていて
残念だなーと思っていた所ホテルに「日本語ツアー」と書かれた黄色い紙があり、そこに目を通したら
日本語拳銃射撃ツアーがあり、申し込みました。


実を言うとマニアックな記事にしたいと思ってしまったのですが、先生からストップ掛かっているので抑え目に。

ライフルのコースを頼み、最初は初心者なのにライフルを撃ちました・・・
ライフルを撃ってる時の写真は残念ながらないので参考程度に、その銃の画像をウィキペディアさんから持ってきてます。
f0201320_218459.jpg

私たちが撃った銃は上から二番目です。

ローテーションで交代して5発ずつ撃っていきライフルの弾が無くなったのでハンドガンにチェンジ!
ハンドガンの弾は最初に買っていたので、ハンドガンだけを借りて撃ちました。
こちらは画像があるのでご安心を。

見たこともある形だと思う人も多いかと思います。
f0201320_2127061.jpg


では、撃っている時の画像を
まずは私。いいアングルの画像がなかったので動画のスクリーンショットを
f0201320_21414869.png

そして、松村君
f0201320_21485164.jpg

そして、Teacher
f0201320_21535695.jpg


アメリカではスポーツらしいのですが、日本人の私としてはスポーツとは考えられない部分もありましたが、初めての経験で視野が広がり楽しかったです。

撃ったライフルではないですが、珍しい銃があったのでそれで記念撮影
私のは恥ずかしいので記念撮影画像は張りません
松村君の画像は本人の携帯に画像が入っているので、画像が貰えたら追記という感じで貼ります

なので、先生に生贄になって貰いましょう。
と、思った矢先アップロードに失敗しまくるので今日はここで、後日追記を大量にしておきますのでご了承ください・・・
追記する内容は秘密という事で では、Bye



トライデントコンピュータ専門学校 ゲームサイエンス学科についてはコチラ!

by trident-game | 2014-02-16 22:30 | デジペン工科大学へ短期留学 | Comments(0)

アメリカ短期留学 ~ 6日目 ~

今回の記事は松村が書きます!

いよいよデジペン留学二週間のうちの一週間、半分が終わってしまいました。
感覚的にはまだ2,3日くらいしか経ってないので、記事を書きながら「え、もう一週間経ったの!?」と思っています(笑)

さて、ではこの留学期間の半分で何をやったのかをまとめてみます!
簡潔にまとめてしまうと、デジペンの学校が作っている『ZeroEditor』というIDE内臓のゲームエンジン、『ZeroEngine』の使い方や仕様についてをメインに勉強。
そして、学んだこと(たとえば各種コンポーネントに設定した属性や値)からゲーム作り全般で用いられる考え方について解説してもらいました。
また『ZeroEngine』ではPythonスクリプトが使えるので、Pythonスクリプトについても少し勉強しました。

上記だけではあまり何を勉強したのか、できたのかが伝わらないと思うので以下に詳細を。
下記以外にも単元はかなりある(実際は25単元)のですが、そのうちほとんどが『ZeroEngine』やそれに似たゲームエンジンなどで使えるものなのでゲーム制作全般で使えそうだなと思った単元のみをピックアップしています。
※実際に勉強した順番ではありません。
1.ベクトル
2.カメラ
3.AI基礎
4.物理的エフェクト
5.衝突判定

各単元で学んだことについて簡単な紹介。
1.ベクトル
  ゲームではかなり重要な単元ですね。
  この一週間でよく使ったのはPythonスクリプトでユーザーの入力情報からプレイヤーオブジェクトの移動ベクトルをプレイヤーの座標に反映させたり、後述のAI基礎に関連してくるエネミーの追尾・攻撃開始条件の判定や、プレイヤーの座標とエネミーの座標からエネミーの移動ベクトルを作ってエネミーがプレイヤーを追尾するスクリプトを作成しました。

2.カメラ
  これもゲームではかなり重要な単元ですね。
  今回は『ZeroEngine』を使用しているので難しいコードは書きませんでしたが、マルチカメラの切り替えについて勉強した時に、カメラの方向からユーザーの入力情報から作成した移動ベクトルを正しくプレイヤーの座標に反映させるスクリプト(一つ前の丹澤君の記事に画像あります!)を書きました。

3.AI基礎
  これもまたゲームではかなり重要ですね。
  難しいものは作らずに、プレイヤーがエネミーに一定距離以内に近づくとプレイヤーを追いかけながら弾を発射するというシンプルなスクリプトを書きました。
  前述のベクトルを使って、エネミーの移動ルートや弾の発射方向を計算しています。
  【エネミーが上下に徘徊】
f0201320_0162050.png

  【一定距離以内に近づくと追いかけながら弾を発射する】
f0201320_0185411.png


4.物理的エフェクト
  この単元では、重力や風などといったオブジェクトになんらかの物理的作用をもたらすものを作りました。
  ただ、『ZeroEngine』に付属しているコンポーネントを使用して勉強したのでコードは書かず、考え方や調整の仕方について勉強しました。
  【フィールド構成】
  ・白の領域が手前に向かって強風が吹いている領域
  ・緑の領域がここで2キーを押すと領域内のオブジェクトのサイズが2倍になる領域
  ・オレンジの領域がぐるぐる回る領域
  ・紫の領域が画面奥に向かって浮かされて運ばれる領域
f0201320_0283286.png

  【実行すると・・・】
f0201320_029795.png

  ↓    ↓    ↓
f0201320_0293790.png


5.衝突判定
  オブジェクト同士の衝突を判定し、何らかの処理を実行するスクリプトを書きました。
  例えば、すり抜けるブロックにあたっている間だけ色が変わるスクリプトなどです。
  ただ、こちらも『ZeroEngine』に付属している『BoxCollider』という衝突判定のコンポーネントを使用しているので、考え方は勉強しましたが、判定をする際にどういうコードを書くかというのは勉強しませんでした。
  【球体のオブジェクトは右に移動する】
f0201320_0343520.png

  【一つ目のボックスオブジェクトにぶつかるとオレンジ色に変化】
f0201320_0351434.png

  【二つ目のボックスオブジェクトにぶつかると紫色に変化】
f0201320_036191.png

  【スクリプトはこんな感じ】
  ※『ZeroEditor』は英語しか入力できないのでコメントも英語で書く必要があります!
f0201320_0423364.png


かなりざっくりでしたが一週間で結構勉強できたんじゃないかなと思っています!
今回の記事を書くにあたって、自分で理解したことを人に伝えようと思ってまとめるとかなり勉強になるということを改めて実感しました。
なので残り一週間、あと二回ほど機会があるので学んだことをもっと伝えられるよう頑張ってみます!

あ、勉強以外にも楽しく海外生活送れてます!
今日は実際に銃を撃てるツアー(?)に参加できることになったのでまた後日、その話もかければいいなと思います。
もしくは小川君が書いてくれるはず・・・!(チラッ
では、今回はこのあたりで!



トライデントコンピュータ専門学校 ゲームサイエンス学科についてはコチラ!

by trident-game | 2014-02-16 00:44 | デジペン工科大学へ短期留学 | Comments(0)

アメリカ短期留学 ~ 5日目 ~

今回は一周まわってまた丹澤がお届けします!

とりあえず、今日の講義内容から

f0201320_14402185.jpg



Snippets 12 . PhysicsEffectsIntro( 重力効果? )

13. RegionsCustomScriptEventsAndMorePhysicsEffects( 地形などの物理効果)

14. ThrustEffectPhysicsWithHierarchiesSearching...( モノとのくっつき?)

15. MultipleCameras( マルチカメラワーク)

~ お昼ごはん ~

16. CollisionGroupsAndTablesIntro( 衝突判定? )

17. Text ( ゲーム内テキスト )

18. Mouse( マウス判定 )

19. Levels (レベル(ステージなど)の判定 )

       ~ 終了 ~

うまくまとめれませんでしたが、このような内容でした。

ここから、抜粋して2つほど簡単に説明していきたいと思います!

13番 地形などの効果

f0201320_154717.jpg



上の画像のように色分けをした判定をおいて、そこの効果を実行するという内容でした。

たとえば、オレンジ色のところに入ってしまうと竜巻の中のような動きをします。
他にも、緑の部分に入り特定のキーを入力するとそのオブジェクトが大きくなったりします。

かなり使えそうな効果ばかりでした。

15番 マルチカメラワーク

f0201320_15135968.jpg



これは簡単に言ってしまえばバ〇オハザードのようなカメラワークです。

このカメラワークはいろんなものに使えそうな感じなので教えてもらってとてもよかったです。



と、今日の記事はここまで!

今考えるともう四日も経ってまいました。あっというまに感じました...。

でも、明日から本格的なゲーム開発が始まるみたいなので、
張り切って頑張ろうと思いました!

以上、丹澤からでした!



トライデントコンピュータ専門学校 ゲームサイエンス学科についてはコチラ!

by trident-game | 2014-02-14 15:27 | デジペン工科大学へ短期留学 | Comments(0)

専門学校トライデント ゲームサイエンス学科のブログ
by trident-game
プロフィールを見る
画像一覧

ゲームプログラミング体験入学

最新のトラックバック

venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル